ぜんまい織紬

b0201195_210162.jpg

ぜんまい織の紬を仕立てました。

ぜんまいとは山菜のぜんまいです。
絹の糸にゼンマイの綿毛を混ぜ込んだ糸を部分的に使っています。茶色のかすれたようなところがそうです。

ゼンマイの綿毛はなにしろ短毛ですからそれだけで糸にすることはほぼ不可能かと思います。

ガマの穂の綿毛を綿糸に混ぜ込んだ布も見たことがあります。
ガマといえば昔は蒲団に使っていたというのにもびっくりした記憶があります。
字がそうですね、ガマ=蒲ですね。

ぜんまい織は主に日本海側、秋田とか山形で生産されているようです。

この夏はもう一枚仕立てる予定です♪


☆ 咲季きもの仕立て草苑では随時仕立ての注文をお受けしております。
また、仕立のご相談にものりますので、お気軽にお電話ください。

また、和裁教室も随時募集しております。
ゆかた一枚、自分のものを縫ってみたい方からプロをめざす方までできるかぎり対応させていただきますが、プロ志望の方でも、とうほうは訓練所ではないため、縫うものはご自身で用意してください。
実力があがり、仕事をさせても大丈夫と判断した時にやっていただくことはあると思います。
[PR]
by saki-kss | 2016-08-17 21:06 | きものあれこれ
<< 衿先裏 八掛 カラーサンプル >>