きもの仕立て屋 咲季きもの仕立て草苑

b0201195_0213157.jpgわたしはきものの仕立て屋です。
この道も約30年です。

一枚一枚精魂こめて仕立てております。
しっかりとした技術を提供したいと思っております。

きものは仕立ててあればどれもこれも同じではありません。
仕立てもひとつの大事な要素、意匠とも呼べるよう精進したいと思っております。
仕立てが必要なとき、お困りの時はぜひご相談くださいませ。


b0201195_0263695.jpg


一級和裁士 矢崎恵子
〒409-0125
山梨県上野原市野田尻470−2
電話:0554-66-3751
e-mail: celestial_sea_sky*blue.plala.or.jp (*を@に変えてください)



  ☆ 新しい記事はこの下からです。

[PR]
# by saki-kss | 2018-12-01 00:20 | 咲季きもの仕立て草苑

黒の羽二重地の着物

年末年始、珍しく続けて羽二重の着物を何枚か縫っています。

羽二重は絹の一種、平織りで撚りのない縦横の糸で織られているので、表面がツルッと滑らかです。
袷の着物の裏地に使われる胴裏のほとんどがこれ、男性の第一礼装にも使われます。
羽二重は布の自由度が縮緬や紬に比べると少なく縫う難易度は高いです。おそらく近日中にもありそうなのでまだ気は抜けませんが、何枚か縫い終わった今少しほっとしています。

In the year-end and New Year ’s season I stitched some ‘Habutae’ kimono in a raw.
‘Habutae’ is a kind of silk and plain weave . It is weaved with no twist vertical horizontal yarn,and so that touch is very smoothness.

Almost lining of lined kimono is used this cloth and it is used for man’s the first dress.

‘Habutae’ have a low degree of freedom compare to ‘tirimen’ and ‘tumugi’.And it is not easy to saw.

Probably I must sew ths cloth in the nearly future, I can’t be pulled out of care.
But now I am relieved that I have stitched some ‘Habutae’ kimono .


b0201195_223980.jpg

よく見えませんね。

  今までも時々外人に印半纏などを教える機会がありましたし、今年も2回予定されています。
その上に、もっと英語が必須なことになりそうなので、(まだずっと先ですが)学習しています。笑
[PR]
# by saki-kss | 2018-01-13 22:04 | きものあれこれ

年末まで超多忙

b0201195_18181011.jpg

師走になりいよいよ慌ただしくなってきました。
あと何枚ぬわなければならないか考えると頭がいっぱいになるのでとりあえず考えません。笑
もう今月は誕生日もあるけれど関係ないですね。

先日夜の12時までやって仕上げて、宅急便のヤマトさんですと朝9時までに営業所に持ち込むと、
関東圏内ですとその日のうちに届けてくれるので、(夕方6時以降ですが)
朝持ち込みました。

当日便でお願いします。と言ってホッとした翌日、
お届け先から午後電話があり、まだついていないと言います。
ヒェ~っ、とにかく行方不明じゃないことを祈りつつ、私も問い合わせてみたりして、
落ち着かないことしばしでした。

結局、夕方届けられることになったのでホッとしました。

今はお歳暮シーズンで宅配業者も一番忙しい時期ですね。

とにかく無事に着いて良かったです。
[PR]
# by saki-kss | 2017-12-05 18:25 | 思ふこと

絵羽の羽織

b0201195_2224378.jpg

これは何かと言いますと羽織です。
前身頃と衿の部分で、柄が合うようになっています。
この反物は羽尺もので、近年は少なくなっていますが、以前は結構あったものです。
羽織にもコートにもできるようになっていると書かれてありました。
柄の配置考えるの結構たいへんだったんじゃないかなぁと思います。
長着とかコートならわかりやすいのですが、羽織の場合、衿がくるっとひっくり返りますからね。
羽織の衿は縫う前に折る位置が決まっていますから、それを考慮しなければなりません。
こっちもあ、ここでこう合うのか!と感心したものです。笑。
[PR]
# by saki-kss | 2017-11-06 22:30 | きものあれこれ

単衣 千代田衿

b0201195_6595558.jpg

まだボタンなどはつけてませんが、ほぼ完成です。

これは単衣の千代田衿で、元は長着でした。
千代田衿にするには衿部分の幅や長さが必要となるため、単に道行きコートにするより格段に
考えなければならないことが必要です。
たて衿の部分もはがなければならないですし、裁ちがおわるまではハラハラの連続です。

これは単衣ですので肩滑りがついています。それがないと作れませんからめぇ。
紬のような柔軟性のあまりないものでも、なかなかうまくできたかなぁ・・・なんて思っています。^^;

コートでは袷よりも単衣のほうが手間がかかるんです。ほっ
[PR]
# by saki-kss | 2017-10-15 07:05 | 技術

総柄合わせ

やはり久々の更新になってしまいました。
縫い終わると急いで仕上げ、梱包で発送することが多く、写真を撮ることもままならずなかなかアップできていませんね。^^;

今年もずっと忙しい日々を送っています。

近年振り袖を縫うことは減ってきていますが、それでもたまに縫います。
今回のは総柄袷で合い口がたくさんあるので手間もかかりました。
でも、衿も両方合ってほっとしました。

b0201195_0202844.jpg

上前衿

b0201195_0205528.jpg

下前衿です。
おくみも柄が合うので「あげ」が必要になります。


b0201195_0233435.jpg

絽の袖の振りです。
夏物もたくさん縫っています。
袖幅が広いと振りのぬいしろが少なくなりますが、絽や紗では生地が薄いのでまだ縫いやすいです。
厚手の単衣ものだと苦労する場合があります。
[PR]
# by saki-kss | 2017-06-29 00:27 | 技術

袖口考察

先日生徒さんが「くけ縫い」の動画を観たと言っていました。
そういえば、わたしは仕立てに関しては動画を見たことないとはたと思い、
どういうのがあるのか試しに検索してみました。

ま、くけ縫いはいいのですが、ちょうどいいのがありました。
匠の袖縫いです。


技能士会の会長さんですね。東京マイスターであられるO氏です。

技能士会には尊敬する先生もいらっしゃるし、わたしも入ろうかどうしようかと悩ましい思いも抱いているのですが、東京に出るのがめんどう、東京にあまり行きたくなかったり、親睦にあまり興味がなかったりで腰が重くなっています。技能向上はしたいのですけれど。


O先生も男仕立てですね。わたしもです。
やっぱりあぐらをかき、足を利用する男仕立のほうが断然合理的だと思うのですが、
近頃は少なくなっているようですね。

O先生もおっしゃっていますが、袖はなんといってもさまざまな技術の集積でそれがきれいにできれば一人前です。

永遠の課題である袖!動画を見ながら、同じ、同じとつぶやいたり、おぉ、そこそうするのかと
学んだり、やはり時おり匠の技を拝見することはためになりますね。

袖口のふきと袖口下は中でも難しいところです。
O先生は袖口縫いの最初と最後、端の部分を身頃の裾のふきをつくるように1分表地を下げています。
わたしはそういうやり方をしていたこともあったのですが、今は下げていません。
今回はそれを見習ってやってみました。

b0201195_2215367.jpg

これですね。

それからそのあと、袖口を表地と裏地を2本取りの糸で結ぶところ、カットしてましたね。笑
なんでかな?企業秘密でしょうか。
そこ見たかった!その結ぶ時のすくい方にもかなりコツがいりますよね。

それでこうなりました。
b0201195_22172572.jpg

身頃の裾ふきのように表地が減っています。

わたしとしてはここまで減らないで、あと裏地のふきが、表地の減るのと対称的にでるのを理想としています。

まだまだ課題は続くのでありました。
[PR]
# by saki-kss | 2017-02-17 22:19 | 技術