<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

咲季きもの仕立て草苑とは

b0201195_9141150.jpg


仕立てには直接関係ないことですが、私は植物がとても好きで、庭に
雑木や山野草、相当数のバラなど、たくさんの植物を育てています。

小さな森のような環境の中でひっそりと日々仕事をしています。
だから草苑です。
b0201195_9145167.jpg


「咲季きもの仕立て草苑」はわたし、矢崎 恵子が一人で仕事をしています。
国家検定一級和裁技能士の資格を持ちつつ、自分自身のレベルを落とさぬよう、
いつも水準以上の仕事を心がけているつもりです。

こうしてインターネットを通じてお客様と直接関わりができることは、
わたしにとってもありがたいことだとおもっています。
また、お客様にとっても、気軽に吟味していただけ、
お値段ということでも納得いただけるのではないでしょうか?

仕立てという仕事で生計をたてることは正直申しまして容易ではありません。
自分自身の仕事の成果とお客様の立場に立っても考え、そのバランスの上で料金を設定しています。
近年は安い海外発注に大量に仕事を奪われ、日本の仕立て業界は苦しみ、
廃業に追い込まれたところも少なくありません。
しかし、ここでわたしたち仕立て屋も踏ん張らなければなりません。

我が国の伝統産業はほぼどの業界でも憂き目にあっています。
時代の要請が少なくなれば廃れるのもある意味当然かもしれません。
しかし、わたし個人としては、きもの、また、きもの周辺の文化には「道」があり、「美」があり、
「形を支える精神性」があるとおもうのです。
背筋がすっと伸びるような気持ちの良さを感じるのです。
それは日々淡々と仕事をしている時にも感じることであり、
この仕事で良かったと今でもおもい、それはこれからもおもうでしょう。
なにはともあれ、体の続く限りこの仕事ができることを願っております。

こんなわたしですが、みなさまのきもの生活のお役にたてればさいわいとおもう次第です。
着やすいきものをつくることには少々自信があります。

どうぞよろしくお願いいたします。

咲季きもの仕立て草苑  矢崎 恵子

b0201195_2075453.jpg



  
[PR]
by saki-kss | 2011-08-19 20:05 | 咲季きもの仕立て草苑