<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

黒留袖を被布衿コートに

b0201195_23215786.jpg


ちょっと衿のところが見にくいのですが、これは被布衿コートですが、仕立て直し品です。

それも黒留袖だったものをです!

前身頃と立衿に柄がありますね。
元の前身頃と衽の柄をそのまま使っています。

で、留袖といえば当然家紋が入っているはずなのですが、ないですよね?
どうしたかといえば、裾の位置を決めてそこから丈を上に逆算して肩山の位置を決め、
切っているんです。

つまり、肩山ではぎがあります。
袖も元のそでには家紋が入っているので使っていません。
元の八掛を使い、やはり袖山ではいでいます。

お客様がそれで納得していらっしゃるのでそうしています。

ただタンスの中で眠らせているよりは、「使えるもの」に仕立て直しした方が良いという・・・
ものは考えようです。

これのやっかいだったことは前の柄合わせで、
b0201195_23301052.jpg


仕立てをする方でしたらお分かりかと思いますが、
通常の長着の柄の合い口は、はじ(みみ)から二寸弱の位置にありますが、
そこはコートの切り落としの部分に入ってしまいます。
ですから、けっこう肩山からラインを曲げています。

それをどの程度にするか?
おかしくならないようにする、その案配が腕の見せ所でしょうか。
[PR]
by saki-kss | 2012-01-22 23:35 | 技術

仕立て直し 大歓迎

皆様 新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は大震災、原発事故と未曾有の危機に遭いました。
まだまだ元の生活に戻れず苦労されている方々がたくさんおられます。

これからもさまざまな難題が予想される中、
個人としては、自分に与えられた環境の中で
やれることを誠実に行うことが大事と考えます。
そのようにすることで必ず光は見えてくるものと信じたいです。


   *****************

さて、本日の本題は

  仕立て直し、大歓迎! です。

親から子どもにきものを伝えたい、体型が変わり寸法直しをしたい、
いただいたものがあるのだが寸法が合わない、
汚れが目立ってきたので、洗い張りをしたい、
洗い張りをしたものがずっとタンスで眠っている、
色を変えたいなどなど、

日頃から気になってはいるものの、
手を付けられずにいるなど、お困りの方、
仕立て直しは新品とまではいきませんが、
かなり見違えるようになるのはまちがいありません。

b0201195_19462229.jpg


これは刺繍の付け下げですが、
これも仕立て直し品です。

地色にぼかしを入れて深みを添えています。

新品を買うよりも手頃なお値段でできるのも魅力です。

どうぞこの機会に仕立て直し、いかがですか?
[PR]
by saki-kss | 2012-01-02 19:49 | 咲季きもの仕立て草苑