<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

黒の羽二重地の着物

年末年始、珍しく続けて羽二重の着物を何枚か縫っています。

羽二重は絹の一種、平織りで撚りのない縦横の糸で織られているので、表面がツルッと滑らかです。
袷の着物の裏地に使われる胴裏のほとんどがこれ、男性の第一礼装にも使われます。
羽二重は布の自由度が縮緬や紬に比べると少なく縫う難易度は高いです。おそらく近日中にもありそうなのでまだ気は抜けませんが、何枚か縫い終わった今少しほっとしています。

In the year-end and New Year ’s season I stitched some ‘Habutae’ kimono in a raw.
‘Habutae’ is a kind of silk and plain weave . It is weaved with no twist vertical horizontal yarn,and so that touch is very smoothness.

Almost lining of lined kimono is used this cloth and it is used for man’s the first dress.

‘Habutae’ have a low degree of freedom compare to ‘tirimen’ and ‘tumugi’.And it is not easy to saw.

Probably I must sew ths cloth in the nearly future, I can’t be pulled out of care.
But now I am relieved that I have stitched some ‘Habutae’ kimono .


b0201195_223980.jpg

よく見えませんね。

  今までも時々外人に印半纏などを教える機会がありましたし、今年も2回予定されています。
その上に、もっと英語が必須なことになりそうなので、(まだずっと先ですが)学習しています。笑
[PR]
by saki-kss | 2018-01-13 22:04 | きものあれこれ