兎の洒落紋

朝晩めっきり冷え込むようになりました。
一気に冬へと突入です。

f0160480_18263874.jpg

さてこれは何かと言いますと紋なのであります。

紋とはいえ格式のある正式な紋ではなくあくまで遊びとしての「洒落紋」です。

このきもの、付け下げなのですが、兎柄だったのでちょっとこのような兎の紋を入れて遊んでみました。
自家用です。

もう十数年前のことですが、国家検定の一級の試験用に買ったものなのです。
一級の試験では前身頃とおくみに「合い口」のあるものでないといけないのです。

f0160480_18323210.jpg


たたみ折れがあるのでわかりにくいかもしれませんが、「線」の合い口があります。
けっこう難しいんですよ。
試験では時間が本当にいっぱいいっぱいなので、直している時間を満足にとれないのです。
だから一発勝負。
体力、気力のある頃でないとできません。
あの緊張は二度としたくありませんが、技術をあげるにはよい経験でした。


 ・・・・・・・・・・・・・・


さて、近頃ではできあいのきものもよく販売されています。
もしご自身のお体に合わないといったときはどうぞご相談ください。

たとえば裄が長い、身幅が広すぎるなど・・・

また、親の着ていたきものを着たいのだが、サイズが合わなくてお困りの時もどうぞ。

だいたいお子さんのほうが裄も身丈も長く必要とすることが多いのですが、
幅や丈を出せるかは縫い代、あげがあるかどうかで決まります。
が、それは実際みてみないとわからないのです。


   気軽にお電話を♪

0554−66−3751
[PR]
by saki-kss | 2012-11-30 18:41 | きものあれこれ
<< 新年あけましておめでとうございます 振袖 >>