大島紬

b0201195_23251738.jpg

大島紬の男性用アンサンブル=長着と羽織 を縫っていました。
ご存知の方も多いように、大島や結城では亀甲模様に絣を入れるものがしばしば見られます。

この絣、細かいのでたいへんですよね。

わたしは、仕事ではありませんでしたが、染織を10年ぐらいはそれなりに一生懸命やっておりましたので、絣織りのたいへんさは少しはわかっているつもりです。
こういった亀甲模様は縦緯両方ですのでいっそう骨が折れます。
細く相当数の糸をくくらなければならないので、一反分の括りはどれだけだろうかと想像するだけでもめまいがしそうです。

この亀甲模様が横にいくつ入っているかで緻密さが異なり価格にも反映されるということですが、
(もちろん価格への反映はそれだけではありません。)
一応数えてみたところ、10個で9分5厘の幅でした。
横幅を1尺だとすると105個は入っていることになります.(・・・遠い目)

ちなみにわれわれ和裁士が使う尺指しは建築で使うものと長さが異なります。

b0201195_2341463.jpg

上がセンチ、下が我々の使うものさしです。
1寸は3.8センチだということがおわかりいただけますか?



それにしても手仕事というのはいいですよね。  嘘がない。
やったことがそのまま出てきます。
熟練者もそこまでいかない人も。
どういう心がけをもっているかもなんとなくわかります。

それと、指先を使う仕事って長い眼で見ていいなぁと思います。
ぼけの予防にもなると思いますよ。^^;

わたしも長い間従事してきましたので、指先が布を見ているという感覚があります。
もちろん眼で見えていないとだめなのですが、指先が質感をとらえるのですね。
[PR]
by saki-kss | 2013-07-29 23:44 | きものあれこれ
<< かがり名古屋帯 振袖を七歳祝い着に >>