千代田衿コート

b0201195_18564959.jpg

これはなにかと言うと
なんでしょう?

といっても見慣れない部品ですよね。笑。

答えは千代田衿のたて衿の裁ちです。

これは裏から見たところですが、見ての通りカーブを描いていますよね。
型紙を使っているんです。

何が難しいって、やはりきものは高価なもので、布も限られているので失敗が許されないことですね。
どの着物でも裁ちの時は何度も何度も確かめてこれでいいのよね?と自問自答します。
誰かが「それでいいんだよ。」と声をかけてくれればいいのにと思います。
が、しかし、誰もいないのでいつも緊張しながら裁ちをします。

こういう変化衿の裁ちはいっそうです!

裁ちが終わるとほっと息をつき・・・

さてできました。
b0201195_1924789.jpg

と、こうなります。
衿の部分の裁ちを撮ってなかったのが残念です。

カーブの縫いはなかなか難しいです。
b0201195_194481.jpg

飾りボタンをつけて、できあがり〜。
[PR]
by saki-kss | 2013-08-18 19:05 | 技術
<< アジアの布で名古屋帯 黒留袖を被布衿コートに その2 >>