5歳祝着

b0201195_23125935.jpg

ここのところ続けて何枚か5歳の祝着を縫っています。

この家紋は稲ですね。季節としても今は稲刈りシーズンです。
この稲の家紋を調べてみるとこのようなことが書かれています。

「稲は主食であることからして、日本人に最も身近な植物ですから、古くから紋に使われています。元来、農業の守り神である熊野神社に奉仕する神官、氏子などに用いられ、熊野信仰の普及にともなって全国に広まりました。積んだ稲穂は穂積とも鈴木ともいいます。鈴木はススキの当て字で、名字としても全国に普及し、稲紋は日本第二の大姓「鈴木」一族の代表紋になっています。意匠的には具象的な稲穂を束ねて丸型にしたものが基本形で、他の紋と組み合わせたものも多くみられます。」

鈴木氏の代表紋であればもっと見てもよかったでしょうに、実はこれまであまり稲紋を見たことは
ありませんでした。なぜなのだろうかと首をかしげます。


それはそうと、今日縫ったものはこれとは違うものですが、(画像がぶれたのでパス)
男の子の場合、出生後間もなく着る、というよりくるまれる「お宮参り」のときのきものと
5歳祝着を兼用できるんです。これは頭の良い方法ですね。

寸法としては5歳の標準で作ります。あげはしないでおきます。
お宮参りと5歳祝着で違うのは袖で、お宮参りでは大名袖になります。
大名袖というのは袖口が全部開いていて丸みもついていません。
5歳の時にはこの部分を,丸みをつけて袖口下を縫うのです。
そして、もちろん、その子のサイズに「あげ」をします。



 仕立のご依頼お待ちしております!

また、仕立て直しのご相談など承ります。
丈が足りない、裄が短いなどご心配な際でも最適な判断を心がけています。
まずはお電話あるいはメールをください。




[PR]
by saki-kss | 2015-11-03 23:28 | きものあれこれ
<< 仕立て直しの袖丈直し襦袢 綿麻紅梅 >>