大島紬袷

大島紬を2枚続けて縫っています。

この泥染の大島は繊細な絣の色柄がきゅんときます。

大島紬は縦緯とも生糸で伸びるということがないので仕立の場合難しいのは衿づけ、
特に衿肩まわりだと思います。
b0201195_17544188.jpg

近頃では,仕立が難しいという理由で、衿肩をまっすぐ切らないで
コート類のようにカーブで切るやり方もあるようですが、
わたしは昔からの真一文字に切るやりかたです。

つんとした感じにならないよう丸くなるよう意識して衿づけをしています。
手の感触が大事です。

何事も修練の連続です。
おもしろいもので何十年経ってやっと得られる技術もあります。
まだまだ修業、ずっと修業です。

b0201195_17583497.jpg

[PR]
by saki-kss | 2015-12-12 17:58 | 技術
<< 身丈不足の継ぎ足し ひぃおじぃさんの着物 >>