印半纏ワークショップ 2018 Summer

暑かった夏もいよいよ過ぎようとしています。

印半纏ワークショップは5月に続きことし2回目、今回は2名だけでした。
少ないと進み具合はやはり早くなるので、今回は2週間で3枚作るという、相変わらずのハードスケジュールです。
彼女たちは、印半纏だけでなく他にも絞り染めや型染め、あるいは組紐もやるので毎日が朝から寝る時間まで作業の連続です。

春の8人は私はとにかくめちゃくちゃ忙しくいっぱいいっぱいだったが、今回はほんの少し余裕ができたので、
型染めを一緒にやらせてもらいました。


1枚目は形を理解してもらうための練習で写真撮っていません。
2枚目以降、ダダッと。
b0201195_07280216.jpg

左の女性、Annaはスェーデンから。
写真ではよくわからないけれど、ポケットがいっぱい付いています。
彼女は時にそれをthousands of pockets と言います。
ベルトをつけてガウン風なのがお似合い。

右の女性はAlison 、南アフリカから。珍しい、南アフリカは初めてです。
彼女は短めの丈が好きで柔らかい麻と綿の裏側は小花のプリントがよく似合っています。
b0201195_07283910.jpg
b0201195_07285553.jpg
b0201195_07291031.jpg
b0201195_07294000.jpg





コスチュームデザイナーのAnnaはさすが素敵な羽を描き、型に彫りました。
薄い水色のこれは裏地


写真があまりうまくなくて申し訳ないけれど、背中と脇と袖に柄の合口があります。

b0201195_07300283.jpg


Allisonのはシンプルな柄だけど、藍色が冴えているし、控えめな彼女にはよく似合っています。
彼女は縫い方もとても丁寧。


それから、やらせてもらった型染め、見本はこのワークショップの主催者、友人のブライアンが見つけてきた古布で、
b0201195_07302810.jpg


伊勢の本職に彫りを頼んだものです。
何枚も型を使って防染と色をつけていきます。
b0201195_07304162.jpg



ところで、今年の5月の実紅里の誕生日に向けて彼女の印半纏を作っていました。
初めて型を彫ったりしたのだが、物足りない気がして刺繍をしました。

b0201195_07233711.jpg
b0201195_07243699.jpg

b0201195_07234685.jpg

刺繍に要した時間とそのものを縫った時間ほぼ同じで刺繍はそれなりに大変でした。
昔織りの時に染めていた絹の糸を周りの模様に使ったのだけれど、綺麗に発色していたので良かった。刺繍糸ではないので、とても手間がかかりましたが。

面白い体験でした。愛する者のために作ることの良さをしみじみ味わいました。

[PR]
by saki-kss | 2018-09-03 07:25
<< きもの仕立て屋 咲季きもの仕立て草苑 黒の羽二重地の着物 >>